2022年1月19日水曜日

ムナーリとレオーニ(16)

反省会

 ムナーリとレオーニ、それぞれの回顧展で手に入れた図録を同時並行で読み、ブログにエッセイを書く…という取り組みを始めて、今回で16回目になる。ちょうど年も改まったことだし、今回は、これまでに書いたことを踏まえ、反省会をしたいと思う。

 

 ムナーリとレオーニが二人展をするとしたらどんなふうになるだろう。そんなことをふと思いつき、図録の年譜を読んで知ったことや考えたことを書く、このエッセイを始めた。始めてすぐに実感したことは、図録の年譜だけではまとまった文章を書くことができない、情報が足りない、ということだった。

 たとえばレオーニの本名。松岡希代子『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』(美術出版社、2013年)によると、「レオナルド・リオンニ(Leonard Lionni)」というそうだが(p.72)、図録ではこのことに触れていない。

また、情報が足りず推測に頼ってしまったことに関しても(おぉ、私は浅はかだった…!)と密かにため息をついたりもした。例えば、第10回目の記事で、レオーニが参加した1932年の未来派の作品展を取り上げた。具体的には、「レオ・レオーニ 年譜」から「サヴォーナで開催された未来派の作品展に油画6点を出品し、「飛行画家」として紹介されるが、未来派との考え方の違いを自覚する。」(森泉文美・松岡希代子『だれも知らないレオ・レオーニ』玄光社、2020 p.216)という箇所を引用し、レオーニが未来派に感じた違和感を「政治的なもの」と推測したのだが、これは一面的な見方だったのかもしれない。

先の松岡氏の著書には、次のように記されている。

 

誘われたレオは、19328月にサヴォーナのギャラリー・ドゥランテでの未来派の展覧会に参加する。しかし、飛行機にも乗ったことのない自分の作品を「航空画家」とするマリネッティのレトリックがあまり肌に合わず、深入りすることなく、2年ほどで活動から離れていった。(pp.98-99

 

  ファシズムと縁の深い未来派に、レオーニが一個人として違和感を覚えたことは確かだろう。ただ、レオーニは表現者である。マリネッティは表現の内実を置き去りにして、一人のアーティストである「飛行画家」のレッテルを貼ったのである。その「レトリック」が肌に合わないと、レオーニは感じていた。このことは、レオーニの表現者としてのあり方を物語る、重要なエピソードだったはずだ。

 さらにもう一つ、1930年代前半にムナーリとレオーニが未来派の活動を通じて知り合っていたということも、同書には記されていた(p.99)。これも、図録を読んだだけでは分からなかったことだ。

 ひとつ(または複数)のテーマに基づいて展覧会は企画されるのだから、企画者側は、そのテーマをより鮮明に浮き上がらせるには、ある程度、情報をそぎ落とさなければならないのだろう。図録や、図録に収録されている年譜にも同じことが言えるはず。読む側である私がいろいろと補いながら読めば良いのではあるけれど、それが、けっこう大変なのである。

 

 …そんなわけで、資料を正確に読み解いていくのは大変なことだということを、改めて実感してしまったのだった。でも、それまで知らなかったことに触れられる嬉しさと比べたら、やはり嬉しさの方が、大変さよりずっと大きい。次回からまた1935年以降の年譜を読み進めていくのだけれど、こうしてときどき過去の記事を振り返る機会をもうけながら、続けていきたいと思う。


【書誌情報】

松岡希代子『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』美術出版社、2013

森泉文美・松岡希代子『だれも知らないレオ・レオーニ』玄光社、2020


遠藤知恵子(センター助手)

2022年1月14日金曜日

センター入り口のミニ展示 1月14日~28日

 センター入り口で、センター蔵書(Z本)のミニ展示を行っております。こちらの図書は展示期間中も貸し出しをすることができます。どうぞお気軽にご利用ください。


展示中の本

アン・ファイン 作『チューリップ・タッチ』灰島かり 訳

評論社、2004

 

センターの開架資料のなかに、故灰島かり先生よりご寄贈いただいた、「灰島かり文庫」がございます。学内の方や構成員の方は、センター開室中はご自由にご覧いただけます。ご興味のある方は、センター助手にお尋ねください。


2022年1月6日木曜日

猫村たたみ、新年のご挨拶

 

センター構成員の皆さま、あけましておめでとうございますにゃ!

センター三文庫の守り猫、猫村たたみですにゃ。

児童文化研究センターは今日が仕事始めなのですにゃ。助手さんも一生懸命、三文庫の作業をしておりますにゃよ。

朝から寒い寒いと思っていたら、昼前から雪が降り始めましたのにゃ。16時を過ぎた頃にはこちらの写真の通り、真っ白ですにゃ~。



でも、ちょっと視線をずらして図書館までの道を見ると、ちらほら人の足跡があるのにゃよ。図書館も今日から仕事始めにゃものね~。雪が降ってたってなんだって、書物を愛する気持ちは止められないのにゃ! 足元に気をつけて、冬の読書を楽しみましょうにゃ~。


まだまだ情勢は不安定にゃけど、感染症予防を万全にして、日々の研鑽を積みたいですにゃ。(そして、状況が変わったら、無理をせずに休むのにゃ!)

今年も、私こと猫村たたみ、センター三文庫を全力でお守りいたしますにゃ~。



センター入り口のミニ展示 1月6日~13日

センター入り口で、センター蔵書(Z本)のミニ展示を行っております。こちらの図書は展示期間中も貸し出しをすることができます。どうぞお気軽にご利用ください。


展示中の本

ヒルケ・ローゼンボーム 作『ペットショップはぼくにおまかせ』若松宣子 訳

徳間書店、2011

 

この作品に登場する生き物たち

金魚 オウム カメ カエル ネズミ クモ カラス ライオン ほか

2021年12月22日水曜日

センター冬期閉室につきまして

 児童文化研究センターは、12月23日(木)から1月5日(水)まで閉室とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご了承くださいませ。

本年もありがとうございました。
こちらの画像は、冬至の長い影法師を楽しみながら
テーブルの上でポーズを取る熊沢健児氏とひつじ氏です。

ムナーリとレオーニ(15)

 1934年② モッタレッロ


 1934年、レオーニは製菓会社モッタに就職した。モッタは1919年に創業し、イタリアのクリスマス(イタリアではクリスマスを“ナターレ”と言うそうだ)で食べられる「パネトーネ」で有名になったという。手元にある電子辞書(デジタル大辞泉)で調べてみたが、パネトーネは“パネットーネ”とも言い、果物の砂糖漬けやレーズンを入れて焼く、豪華な菓子パンのようなお菓子だ。実際のパネットーネはかなり大きいらしいのだが、個人的には、その、腰高まんじゅうにも通ずるところのある福々しいシルエットに好感を抱いた。

 図録の解説「製菓会社モッタのデザイン戦略」(p.23 担当:森泉文美)によれば、モッタでレオーニの上司となったディーノ・ヴィッラーニは、1934年に広告部長として起用され、ブランドリニューアルに向けて企業コンクールの企画やイベントへの協賛、全国的な広告キャンペーンなどを打ち出した。レオーニはモッタのブランドリニューアルのタイミングで、ヴィッラーニのアシスタントとして採用された。これはレオーニにとって大変なチャンスだったのだろう。

モッタがブランドリニューアルのために行った広告キャンペーンとは、どのくらい画期的なことだったのだろう。解説には、「パネトーネの生地や設備を利用して開発したイースター用のケーキ「コロンバ」の成功は企業マーケティング戦略の先駆的な例として評価されています」(同上)とある。

 図録に収録された印刷物や広告原画のなかに、コロンバのパンフレット「伝統・伝説(TRADIZIONE LEGGENDA)」の図版がある。鳩とオリーブの葉を図案化し、淡いピンクとエメラルドグリーンの2色でまとめている。レオーニが制作した広告だという。白抜きになった鳩の形が、咲きかかった百合のように愛らしい。解説には「中世にミラノを勝利に導いた鳩たちを象ったパンの起源を語ったもの」(p.24)とあり、背後に物語のあるイメージなのだということが分かる。

レオーニはまた、「モッタレッロ」というキャラクターをデザインしている。モッタレッロという名前はちょっと発音しづらいけれど、日本語風に名付け直すとしたらどんな名前になるだろう。モッタさん? モッタ坊や? 新聞広告からとられたモッタレッロの図版を改めて眺めてみると、丸顔で、コックさんの帽子を被り、手にはパネットーネを持ったモッタレッロは、円や台形といった単純な形をもとにデザインされている。斜めの線や、背景の黒のコントラストによってシャープな印象を与えるけれど、嫌味なところが一つもない、愛らしいキャラクターだ。

 

【書誌情報】

『だれも知らないレオ・レオーニ』玄光社、2020


遠藤知恵子(センター助手)

2021年12月17日金曜日

ムナーリとレオーニ(14)

1934年①


今回は、年譜を読み進めよう。

レオーニは1934年、建築雑誌『Casabella』の編集長エドアルド・ペルシコと出会い、編集に協力したり記事を執筆したりしている。このペルシコの紹介により、レオーニは製菓会社モッタに、広告部長ディーノ・ヴィッラーニのアシスタントとして就職する。また、ルーマニア生まれの漫画家で挿絵画家のソール・スタインバーグ(1914-1999)やシナリオライターのチェーザレ・サヴァッティーニ(1902-1989)と親交を深めた。建築の雑誌に関わったからなのだろうか、年譜には不動産の話題が2つある。ひとつは妻ノーラの母の遺産で購入した土地に「6つの小さな家をデザイン」したこと、もうひとつは「ジャン・カルロ・パランティによって建てられたばかりのモダンなアパートに住」んだことである(p.217)。

一方のムナーリだが、この1934年に、二つの宣言に参加している。「未来派航空造形技術宣言」と「壁面造形宣言」である。

 

31日、未来派の定期刊行物『サンテリア』に、ブルーノ・ムナーリ、カルロ・マンゾーニ、ジェリンド・フルラン、リカス、レジーナの「ミラノ未来派グループ」による「未来派航空造形技術宣言」が掲載される。(p.343

 

『スティーレ・フトゥリスタ』誌15号に、マリネッティらとともにムナーリが署名した「壁面造形宣言」が掲載される。(同上)

 

年譜によると、ムナーリは、トレ・アルティ画廊で開催された未来派25周年の展覧会に参加した折、開会式で「未来派航空造形技術宣言」を読んでいる。

壁画の宣言については、どうだったのだろう。6月から10月にかけてミラノのパラッツォ・デッラルテで開催された「イタリア航空学展」で、ジュゼッペ・パガーノ設計の「イカロスの間」に壁画を描いたそうだが、この壁画は宣言に関係あるだろうか。また、ムナーリは、この年の11月から翌年の1月にかけて、ジェノヴァのパラッツォ・ドゥカーレで開催された「第1回壁面造形展」に参加している。

1934年には上記の展覧会も含め、ムナーリは合わせて7つのグループ展に参加。また、ムナーリが表紙と挿画を担当したトゥッリオ・ダルビゾラの『叙情的な西瓜(情熱的な長編詩)』が、7月に刊行される。この年、ムナーリはディルマ・カルネヴァーリと結婚し、ミラノのヴィットリア・コロンナ通りに住居兼アトリエを構えている。

 

【書誌情報】

奥田亜希子編「ブルーノ・ムナーリ年譜」『ブルーノ・ムナーリ』求龍堂、2018年、pp. 342-357

「レオ・レオーニ 年譜」『だれも知らないレオ・レオーニ』玄光社、2020年、pp. 216-219 ※執筆担当者の表示なし

 

遠藤知恵子(センター助手)